Press ESC to close

sasaGO sasaGO イタリア語が楽しく上達できるウェブサイト

おすすめの参考書

こんにちは、渡辺早織です 

 

イタリア語を勉強し始めることにしたら 

まずは参考書を探すのではないでしょうか 

 

私もはじめに真っ先に本屋さんに行きました 

合う本は人それぞれかと思いますが 

ここでは私が実際に(今も)使用している本をご紹介します 

 

自分で選んだものそして最も尊敬する先生に 

おすすめしてもらったものを紹介します 

 

まずは、こちら 

 

 

これは天使のような先生におすすめしていただいた本です 

簡潔に、基礎学習に必要な文法が掲載されています 

本が薄いので、持ち歩きしやすいことと分からない文法があった時に 

すぐにページを探せるところがお気に入りです 

 

3年勉強した今でも、「あれ?この文法なんだっけ?」と思った時には 

パラパラとページをめくっています 

手放せない一冊です 

 

難点は付属している練習問題の答えが載っていないことでしょう 

しかしstudenti sasaGO.の生徒さんならいつでも 

sasaGO.に質問が可能ですから答えあわせはお任せあれ 

困った時にはいつでも聞いてくださいね 

 

つづては単語帳 

私はこちらを購入しました 

 

イタリア語は3000語あれば、 

日常会話のほとんどは理解できると言われています 

ひとまずやるには十分な量だと思います 

キクタンを選んだ理由は、私自身が英語を学習したときに 

キクタンを使っていたためですこれで勉強をして 

アメリカ留学へ行った時にこの単語帳に助けられた経験から 

信頼してキクタンを選びました 

studenti sasaGOの生徒さんに教えていただいたのですが 

オーディブルでダウンロード版もあるそうで 

耳から入る学習はとても効率が良いですし、手軽にできるので便利だなと思います 

 

そしてこちらははじめの頃毎日聴いて使いました  

最初にやるには文法は難しかったのですが 

オーディオがついているので毎日寝る前にいていました 

内容も日本のコンビニの話や街にあるイタリア語の話など 

身近なものなのでしく聴くことができます 

 

そしてこの本を聞いて1ヶ月後くらいに 

マッテオ先生にイタリア語を聞いてもらったら 

すごい!発音が良くなったけどどうしたの?」 

と驚かれました 

実はマッテオ先生がはじめて私に会った時 

早織の発音は英語の癖がついているから、直すのが大変そう。」 

と心の中で思っていたそうですそんなことも知らず 

また発音について直そうとも特に思っていなかった私(ごめんなさい)には 

とても嬉しい誤算なのでした 

 

 

つづいて私がよく使用していたのはこちら 

 

 

言わずと知れた「星の王子さま」です 

これも天使の先生から誕生日プレゼントにいただいた大切な本なのですが 

家においておくだけでなんだかちょっとかわいいというところも好きですし 

絵本なので分からない単語が出てきたら推測しやすいことや 

文章からボキャブラリーを増やすというやり方は記憶もしやすいので 

単語を増やすのにも役立ちました 

また世界的に翻訳されているので、日本語版を買って答えを照らし合わすこともできます 

私もイタリア語、日本語、英語版と3冊もっています。 

 

 

ぜひ皆さんもおすすめの参考書などあれば教えてくださいね 

お気に入りの一冊を見つけて一緒に勉強頑張りましょう 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です